築20年の一戸建ては売却できるほど価値がある?




「築20年の一戸建てを売却しようと思っているけど
売却出来るほど価値があるのか教えて欲しい。」
このようにお考えの方は多いでしょう。
築20年以上の一戸建てでも売却することは可能です。
この記事では、築20年以上の家を高額で売却するポイントと
築20年の物件の売却に大切なことについて詳しく解説します。



□築20年の一戸建てでも売却出来ます!


「築20年以上の一戸建ては古くて売れないのではないか。」
築年数を重ねている物件は売れないのではないかと思ってしまいますよね。
実は、築20年の一戸建ては活発に売買されています。
そのため、決して築年数が長いからといって売却できないわけではありません。



それでは、なぜ築20年でも売れるのでしょう。
築20年以上となると建物が老朽化している恐れがあるため
新しい住まいにしようと思う方はあまり多くはないでしょう。
それでも築20年の一戸建てが活発に取引されている理由は
リフォームやリノベーションを行って自分好みの家にして
生活したいという方がたくさんいるからです。
築20年以上の一戸建てだと比較的安い値段で購入出来るため、
リフォームやリノベーションが可能です。



例えば、首都圏で土地付きの注文住宅を購入する場合
およそ5000万円が必要となります。
そのため、購入を断念する方はたくさんいらっしゃいます。
そこで、築年数が経過して売却価格が低くなっている一戸建てを購入し
リノベーションを施すことによって、注文住宅を購入するよりも
リーズナブルな価格で自分好みの家に住もうという考えです。



購入する時からリフォームやリノベーションを前提として
一戸建てを探している方にとっては、築年数を気にする必要がありません。
以上の理由から、築20年であっても買い手がいるため売却も可能なのです。



□築20年以上の家を高額で売却するポイントとは


1つ目のポイントは、売却スケジュールに余裕を持たせることです。
長期的なスケジュールで余裕を持って売却計画を立てられると
不動産売買や不動産仲介など、様々な売却方法が選択肢に入ります。
そして、特徴が異なる様々な売却方法の中から自分の条件に合っている方法を
選択することによって納得出来る値段での売却が実現しやすくなります。



2つ目のポイントは、瑕疵保険を活用することです。
築20年以上の家では、瑕疵保険を活用することによって売却価格をあげられます。
瑕疵保険とは、不動産を所有している人とは関係がない第三者に依頼して
不動産としての機能に問題がないと証明するものです。



瑕疵保険自体は家を所有している人が負担することとなりますが
瑕疵がその後に見つかった後でも第三者からの補償が発生するため
同じ地域、規模の不動産と比較して売却価格が上昇しやすい傾向にあります。



□築20年の物件の売却に大切なこととは


結論から言いますと、売却をするタイミングが非常に重要です。
築20年以上の物件でも問題なく売却は可能だと先ほど説明しましたが
好条件や人気のエリアの物件である場合を除いて
希望の売却価格を下回ってしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。
思い出がたくさん詰まっている家を売るときは
できるだけ高額で売却したいとお考えの方もたくさんいらっしゃるでしょう。



しかし、あまりに希望の価格にこだわり過ぎると
売却の機会を逃してしまう恐れがあります。
そのため、値引きをしてくれるなら購入したいと考えている人が現れた場合
価格の交渉にもある程度応じる姿勢を持ってみることをおすすめします。



そのときは、どれくらいの価格まで値引きに応じられるのかを決めておくことが大切です。
交渉に応じることも大切ですが、相場から大きくかけ離れた無理な要求には応じる必要はありません。
どれくらいの価格であれば売却出来るのかの目安を考えておきましょう。



「売却する時は事前にリフォームしておくべきなのか。」
売却をお考えの方で、このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
リフォームをしてできるだけ綺麗な状態で売却したいですよね。



しかし、あまりリフォームをすることはおすすめしません。
その理由は、高額なリフォームをしたからと言って
リフォームにかかった費用がそのまま売却価格に反映出来るとは限らないからです。



先ほど解説したように、築20年以上の住宅を購入する人の多くは
入居する前にリノベーションやリフォームをすることを前提として考えています。
したがって、ある程度の経年劣化は大きな問題にはなりません。



ただし、最低限のリフォームをすることは推奨しています。
そのようなリフォームが必要となるケースは
購入意欲を損ねるような汚れがあるケースです。
築20年とは思えないような劣化が確認できる場合は
最低限の修繕を行うことをおすすめします。



□まとめ


今回は、築20年以上の家を高額で売却するポイントと
築20年の物件の売却に大切なことについて詳しく解説しました。
この記事があなたのお悩みを解決できていると幸いです。
さいたま市周辺で不動産について何かお悩みの方はぜひ当社までご相談ください。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!


前へ 「離婚で家を売る!最適なタイミングやスムーズな方法」

記事一覧

「土地の引渡しにおける注意点」 次へ