空き家の火災保険の選び方やそもそも火災保険が必要なのか解説!




「空き家の火災保険の選び方がよくわからない。」
このようにお困りの方はたくさんいらっしゃるでしょう。
この記事では、空き家に火災保険は必要なのか、
空き家は火災保険に加入できない可能性があること、
空き家の火災保険の選び方について詳しく解説します。
ぜひこの記事を参考にしてくださいね。



□空き家に火災保険は必要なのか


結論から言いますと、空き家でも火災保険は必要です。
例えば、自宅が転勤で空き家になる場合は
転勤期間が終了すると生活する予定の自宅となりますので
火災や自然災害が生じた時の再建築のために備える必要があります。



また、相続で取得した古家が空き家になる場合でも加入することをおすすめします。
相続で取得した空き家は資産性が低くて住む予定もない可能性が高いですが
火災保険が必要になるケースはたくさんあります。



生活拠点ではなくても、火災や自然災害によって被害を受けると
残存物の取り壊し費用や撤去費用が必要となります。
また、空き家は、人が生活している家よりも
管理がきっちり行われていない可能性が高いです。



そのため、空き家期間が長くなるにつれ、
火災や台風による建物の損壊や屋根の落下、
放火の発見が遅れることによる被害の拡大のリスクが高まります。
そのようなリスクに備えて火災保険は必要なのです。



□空き家は火災保険に加入できない可能性があります!


先ほどは火災保険に加入するべきだと記載しましたが
場合によっては加入出来ないケースもあります。
例えば、転勤で数年空き家になる建物や季節的に住居として使用する
別荘のような建物であれば専用住宅と同様の火災保険に加入出来る可能性があります。



一方、それ以外の空き家は住居として利用する場合でも
一般物件と同様に扱われたり加入を断られたりする場合があります。
一般物件となると専用住宅・共同住宅よりも
保険料が高額になりやすいことを頭に入れておきましょう。



ここで、一般物件や専用住宅などが一体何を意味するのか
よくわからない方に向けてそれぞれの意味を解説します。



専用住宅、共同住宅とは、住むための建物を意味します。
例えば、一戸建やマンションの一室などです。



併用住宅とは、一部を住居として利用していて、
店舗や事務所が併設されている建物です。
併用物件の例としては、店舗や事務所等が挙げられます。
そして、一般物件とは、住居として利用されていない建物のことを指します。



また、火災保険には加入出来ても、
地震保険への加入は出来ないというケースもあります。
その理由は、そもそも地震保険の役割があくまで
これまでの生活を再建するためのものであるからです。
したがって、地震が原因で生じた火災や
建物や家財が地震によって被害を受けたケースでは保険金が出ません。



実際に地震が発生して家が倒壊してしまうと後片付けをする必要がありますし
解体するための費用が必要となることもあります。
以上のことから、空き家を管理する時には、
地震のような災害によって引き起こされる被害については、
資金を用意して備えておくことをおすすめします。



□空き家の火災保険の選び方とは


1つ目は、火災以外にも水災や台風による被害など
様々な被害に対して幅広く補償出来るタイプを選択することです。
実は、火災保険には火災だけではく、ひょうや台風、盗難による被害など
幅広く補償できるタイプが存在します。



空き家で発生すると考えられる様々なリスクを、
1つの火災保険で賄えることはとても魅力的ですよね。
このようなタイプの火災保険には、補償対象が建物だけでなく
家の中にある家具や家電、洋服のような家財も含められることを頭に入れておきましょう。



それ以外にもさらに幅広い補償をつけられますが
ここでの注意点は、費用が高額になることです。
補償範囲を広げることや補償金額を高くすることによって
その分保険料は高額になってしまうことに注意しましょう。



2つ目は、なるべく安い火災保険に入ることです。
「火災保険の費用をできるだけ抑えたい。」
サポートが手厚い保険に入りたいですが、できれば価格が安いとさらに良いですよね。
そのようにお考えの方は、補償の範囲や金額を小さくすることによって保険料を節約できます。



ポイントは、どれくらいの範囲にするかを家の環境から考えることです。
例えば、所有している空き家が高台にあり、
近くに川がないケースですと水災の被害にある可能性が低いです。
そのため、火災保険の節約のためには水災を補償から除外することで
料金を節約することが1つの案として考えられます。



□まとめ


今回は、空き家に火災保険は必要なのか
空き家は火災保険に加入できない可能性があること
空き家の火災保険の選び方について詳しく解説しました。
この記事があなたのお悩みを解決出来ていると幸いです。
さいたま市周辺で不動産について何かお悩みの方はぜひ当社までご相談ください。




↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!


前へ 「不動産を売却した年でも住宅ローン控除は受けられるのか?」

記事一覧

「引渡後に不具合があった場合の対処法や注意点」 次へ