電気火災への備え




大規模地震発生時には、同時に多くの場所で
火災が発生することが危惧されていますが、
東日本大震災による火災では原因を特定されてもののうち
実に過半数が電気に起因したものでした。


地震火災では半数以上が「電気火災」
地震火災の発火源として多くの方はガスコンロなどからの
出火をイメージされているのではないでしょうか。
しかし、2011年の東日本大震災でのガスに起因する出火はわずか4%でした。
これは、地震時に揺れを感知してガスの供給を停止するマイコンメーターが
各家庭でほぼ100%普及していることや
ガス事業者による安全対策が講じられてきたことが
ガスを起因とした火災が少ないことに寄与しているものと考えられます。



東日本大震災における本震の揺れによる火災では
原因が特定されたものの過半数が電気関係の出火でした。
地震が引き起こす電気火災とは、
地震の揺れにともなう電気機器からの出火や
停電が復旧した時に発生する火災(通電火災)のことをいいます。



通電火災は地震災害時に限らず、ほかの自然災害などで
停電が発生した時でも起こる恐れがあるため特に注意しなければなりません。
東日本大震災や阪神淡路大震災における火災の出火状況から
大規模地震での電気火災は主に以下のようなケースで
発生することが分かりました。



【大規模地震の電気火災出火事例】 


◎電気ストーブ
地震の揺れによる落下物でスイッチが入り、接触した可燃物に着火
◎観賞魚用ヒーター
地震の揺れにより観賞魚用の水槽が倒れ、
水槽内のヒーターが衣類上に落下したため
サーモスタットが機能しなくなり過熱して衣類に着火
◎電気コンロ
地震の揺れにより電気コンロが雑誌などの落下物の下敷きになり、
ブレーカーを入れたところ出火
◎白熱灯
地震の揺れによりテーブル上の白熱灯スタンドが
カーペットに落下し通電後に出荷
◎電源コード
地震の揺れによりビデオデッキが落下し、その衝撃で
電源コードが判断線になり通電後に出火
◎コンセント
地震の揺れにより観賞魚用水槽が破損したため
水槽の近くにあったテーブルタップに水がかかり、
通電後トラッキング現象が発生し出火
◎屋内配線
地震により損傷した倒壊建物の下敷きになった配線に通電したため出火



近年、首都直下地震や南海トラフ地震などの
大規模地震の発生が想定されています。
中でも首都直下地震については、木造住宅が密集した市街地での
同時多発延焼火災などの危険が指摘されており、
個々の住宅で出火防止対策をしっかりと考えなければなりません。
徐々に寒くなり、空気が乾燥してきたこの機会に
家の防災対策を見直してみてはいかがでしょうか?



地震が発生するかを予測することは難しいですが
地震に伴って発生することが予測される電気火災は
以下のような対策を行えばその被害を軽減することが期待できます。



【日頃からの備え】
◎地震発生時に設定値以上の揺れを感知すると
ブレーカーやコンセントなどの電気を自動的に止める「感震ブレーカー」を設置する。
◎漏電ブレーカーや配線の損傷や短絡を検出し電気を自動で遮断する、
コード短絡保護機能が内蔵された住宅用分電盤を設置する。
◎日常使用している暖房機器は、対震自動消火装置や
転倒OFFスイッチなどの安全装置付きのものを使用する。
◎ストーブなどの暖房機器や白熱灯の周辺は
整理整頓をして可燃物を近くに置かない。



【地震直後・停電中の出火防止対策】
◎落下物や転倒物で電気コードに損傷がないことを確認する。
◎避難する際は電気のブレーカーを落とす。
◎停電中は電気機器のスイッチを切るとともに電源プラグをコンセントから抜く。



【避難から戻った後・給電再開時の出火防止対策】
◎給電が再開されたら、浸水などにより電気機器が破損していないか
配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど
十分に安全を確認してから電気機器を使用する。
◎建物や電気機器などに外見上の損傷がなくても
壁内の配線の損傷や電気機器内部の故障により
再通電後、長時間経過したのち火災に至ることがあるため、
煙の発生などの異常を発見した際は
直ちにブレーカーを落とし消防に機関に連絡する。



在宅中の発災時には適切に火災防止対策をすることが大切です。
また、災害の発生に伴う停電の復旧時に出火すると
もし避難して不在の場合、初期消火ができないおそれがあります。
電気機器や周りの安全を確認してから外に出るようにしましょう。



大きな地震が発生した時、まずは自分の身の安全を守ることが大切です。
揺れが収まった後は、地震火災を防ぐための対処をしなければなりません。
東日本大震災による火災では、原因が特定されたもののうち
過半数が電気に起因したものでした。
電気火災を防ぐには、在宅時や避難後の不在時・停電時など
ケースごとの対策が必要です。
今後に発生懸念されている大規模地震では
大きな火災となることが指摘されています。
万が一の「備え」もこの機会に見直してみてはいかがでしょうか。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!

前へ 「所有者の所在不明?購入前に要チェック!」

記事一覧

「新築で建てた家を離婚する時に穏便に処分する方法について解説します!」 次へ