家族の成長、ライフスタイルの変化に合わせて




子どもの成長は早いものです。
あっという間に成長して独立し、空き部屋が増えていきます。
数年後には自分たちが年老い、
今と違うサイズの生活用品が必要となることでしょう。


家族とともに変化する住まいは、
家の間取りも家族構成に応じて選ぶことをおすすめいたします。
ただし、家族の変化に合わせて間取りを変えようとすると
いろいろな制約があったりリフォームが必要になったり
なかなか難しいのが現実です。



最近のマンションでは居住空間を自由に変更できる
間取り変更プランが採用されているものも出ているようで
キッチンも可動式となっており、
家族構成の変化に応じて自由に間取りを変更できるようです。



また、間取りは今決めなくて後で変更できるよう
広めに空間を取り、動く収納付の壁を採用して
自由自在に間取りの変更が可能なものを使ってはいかがでしょうか?



今後考えられる生活パターンを想定して
間仕切りをなくすということを検討するのもオススメです。
その際のメリットとデメリットを調べてみました。


仕切りがない家のメリットとは

①家族の様子が確認しやすい
子供の様子を確認しなければならない子育て世代にとって
仕切りがない家というのは意外に使い勝手が良いようです。
小上がりがあったりリビング内に一続きになった居室を設けた間取りなど
一見使い勝手がよく見える間取りも、小さなお子さんを育てている家庭では
それが案外危険ゾーンだったりもします。



同じ和室でも小上がりとなると転落の原因になったり
仕切りが多いと角に頭をぶつけてしまったり
死角に隠れて誤飲をしていたり
子供というのは本当に大人の想像を超えてきます。
仕切りがない空間というのはそういった危険を回避し、
のびのびと遊ぶことも可能になります♪



②開放感を演出できる


日の光や風を感じやすく、開放感の演出、天井を高くするなどの工夫を凝らすと
さらに開放感を感じられる家になります。
一つの空間が広いので、冷暖房機器は一台で済みます。



③工事費用を抑えられる
壁やドアがない分建具や建材にかかる費用を削れ、
大幅なコストカットが期待できます。



仕切りがない家のデメリットとは

冷暖房が効きづらい?
先程メリットで挙げた点に関連するデメリットですが
各居室に冷暖房機器を設置する必要がない分、
大きな空間を一度で暖めたり冷やしたりしようと思うと
それ相応の時間がかかります。



しかし、解決策はいくつかありますので、
是非以下の解決策を参考にしてみてください!!



①窓の断熱性を上げる


サッシや窓の構造などを工夫して窓の断熱性を上げることは非常に大切です。
近年ではエコガラスなるものが普及してきており、
夏はエアコンなどで下げた快適な室温を長時間保ち、
冬は外からの熱を上手く取り込みつつ、その熱を逃がさないといった
高機能な窓ガラス製品もありますので、
そもそも冷暖房機器を日常的に使わなくても済むような
そんな製品を上手く導入することで
電気代がいくらかかからなくて済みます。



②家自体の断熱性と気密性を上げる
家自体の断熱性と気密性を上げることで外の気温に影響されにくく
家の中を快適な温度に保てるのです。



③陽当たりのよい場所に家を建てる
これは間仕切りの有無にかかわらず重視される方が多いですが
間仕切りがない家においては、そうでない家に比べて
陽当たりのよさはかなり大きな差を生むと思われます。



ただでさえ冷暖房がききにくいという広い空間が
陽当たりの悪い暗い家だと
いくら断熱性や気密性を高めたところで
それ相応の電気代はかかります。



陽当たりのよい場所に設けた家であれば
昼間は自然の暖かさでどうにか寒さがしのげます。
断熱ガラスなどを併用すれば
夏場もそこまで室内が暑くなりすぎず快適に過ごせるでしょう。



不足した間仕切りは可動間仕切や可動収納なら
オーダーメイドなのでどんな部屋にも合い、天井まで
ピッタリと隙間を塞げるので地震が起きても安全性が保たれるようです。
これからの住まいには「子供が独立したので部屋の間取りを変えたい」など
住む人の希望に合わせてレイアウトを自在に変えることができる
そんなマイホームが長く住み続けるためには必要なのかもしれません。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!


前へ 「更地とは?」

記事一覧

「所有者の所在不明?購入前に要チェック!」 次へ