冬の足音が近づいてきました




朝晩はすっかり寒くなり、慌てて衣替えをした方も多いのでは?
寒くなってくると気になるのが「乾燥」。
乾燥を放置すると手肌がカサカサになるだけでなく、
風邪や肌荒れなどを招いてしまいます(´;ω;`)



そこで今回は、手軽にできる室内の乾燥対策をご紹介!!
比較的簡単でエコな方法を集めてみましたので
是非これからに備えて参考にしてみてください♪



最適な湿度の目安ってどのくらい?

一般的に快適と感じる部屋の湿度は50~60%と言われています。
湿度が40%を下回ると喉などの粘膜の防御機能が低下し、
風邪を引きやすくなります。
近年、コロナの影響で霞んでいますがインフルエンザウイルスも
湿度が低くなるほど活発になる性質があります。
厚生労働省によると、インフルエンザ予防には
部屋の湿度を50~60%くらいに保つことが効果的だそうです。



部屋の湿度を簡単に知る方法


部屋が乾燥しているかどうかは自分では気付きづらいもの。
なんとなく喉がイガイガしたり
ハンドクリームの使用頻度が高くなってきて
なんとなく「今日乾燥しているな…」と感じる程度だと思います。
湿度計があれば簡単に湿度が分かりますが
どこの家にも当たり前にあるものではないので
どこの家でも湿度を知ることができる方法をご紹介。



一番簡単なのは「コップに付いた水滴から湿度を確認する」という方法。
氷水を入れたガラスのコップを部屋の中に置き、
しばらくしてコップの外側に水滴が付けば過ごしやすい湿度。
逆に時間が経っても水滴が付かなければ乾燥している状態といえます。



女性だと分かりやすいのが髪をブラッシングすると静電気が発生しますよね。
日常生活の中で言えば、テレビなどの電化製品のまわりに
ほこりが付きやすくなったり、金属製のドアノブに触れると
バチっとなる例のアレです(笑)



手軽にできる乾燥対策


部屋の乾燥対策には加湿器を使うのが定番ですが
全ての部屋に加湿器を置くのはなかなか難しいものです。
また、お子様やペットがいるために
安全の為に電気を使わずに加湿したいという方もいるかと思います。



一番なんの手間もかけずに加湿する方法としては
入浴後のお風呂から出る湯気や
蒸し料理や鍋料理などの際に蒸発する水分の湯気。
冬に鍋料理が一般家庭で多く見られるのは、
身体をあたためる料理だからというのもありますが
こういった生活の知恵もあるのです。
みんなで自然と食卓を囲むことにもなるので
家族間のコミュニケーションが増え、一石二鳥です♪



他にも、洗濯物を部屋干しすることで室内の湿度が上がります。
部屋干し専用の洗剤を使うことで臭い対策もできますし、
柔軟剤の香りが逃げずに、これまた一石二鳥です。



それからこれは時間がある方向けですが、
室内のフローリングを水拭きするのも効果的です。
掃除しながら加湿もできますし、掃除機だけで取りきれなかったウイルスを
取り除くことができるので、毎日の習慣化してしまえば
風邪などから身体も守れますし、加湿にもなります。



ただ、お住まいの広さによっては全室水拭きは大変になってきますので
「週末は必ず水拭き!」と決めて実行するなど
無理なく継続していただけたらと思います。



加湿しすぎに注意!!カビや結露対策も忘れずに…


部屋の乾燥対策は大切ですが、加湿し過ぎは禁物。
カビの好む環境は「室温20~35度前後」「湿度70%以上」と言われています。
室内と室外の気温差が大きい冬場は窓ガラスなどに
結露が発生しやすいので特に注意が必要です。
暖房を使う際は適度に換気したり
壁際の家具は壁と家具との間に隙間を作って風通しを良くしたり、
湿度が高くなり過ぎないように気を付けましょう。



冬の乾燥は、放置するとさまざまな身体の不調を引き起こします。
お子様やペットの健康のためにもきちんと対策しておきたいですね。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!


前へ 「HAPPY HALLOWEEN★.。」

記事一覧

「旬の食材で疲労回復!!」 次へ