不動産売却にかかる期間や売却期間を短くするためのコツをご紹介!




「不動産の売却にかかる期間やできるだけ早く売る方法を知りたい。」
このようにお悩みの方は多いです。
一般的に、売却にかかる期間は3から6ヶ月ですが
工夫することによって期間を短くできる可能性があります。
この記事では、土地を売却するまでの流れと期間、
不動産の売却を短くする方法について解説します。



□土地を売却するまでの流れと期間とは


土地を売却するまでの期間は一般的におよそ3〜6ヶ月です。
査定から売り出し価格の決定などに1〜4週間、
売り出し開始から新しい飼い主との売買契約を結ぶまでに1〜3ヶ月、
引き渡しのような手続きに1〜2ヶ月かかります。
それ以外にも、売却したい土地の境界線が確定されていない場合ですと、
確定測量に1ヶ月程度かかる可能性があります。



土地を売却するまでの流れとしては、最初に
必要書類や境界線の確認などを行った後、査定します。
そして、不動産会社と媒介契約を結ぶと、いよいよ売却活動を開始します。
売却活動中も広報作業は、全て不動産会社が担当してくれます。



その後、契約を結んだ後、決済、引き渡しをします。
特にトラブル無く交渉を終えると売却活動は終了し、
このときに買主は売り主に対して手付金を支払い、
売主は不動産会社に仲介手数料の半額を支払います。
新しい買主からの決済を確認した後に、引き渡しを行います。



□不動産の売却を短くする方法とは


1つ目の方法は、適正価格で売りに出すことです。
売却が長引いてしまう原因のひとつが、
売り出し価格を高めに設定してしまうことです。
もちろん、買う側のことを考えるとできるだけ安い価格で購入したいですよね。
買い手にとって高いと思われてしまう金額で売りに出すことによって
誰にも購入されず結果として売却期間を長引かせてしまいます。



2つ目の方法は、引っ越しシーズンを狙って売りに出すことです。
そもそも買われやすい時期を狙うことによって売却しやすくするという考え方です。
不動産は、毎年2月や3月、または9月に引っ越しをする人が多くなり
それに伴って不動産の取引件数が伸びます。
その時期の方が同じ物件でも売却しやすくなるため、
これらのような時期を狙って売却準備を進めましょう。



□まとめ


今回は、土地を売却するまでの流れと期間、
不動産の売却を短くする方法について詳しく解説しました。
価格設定を高くしすぎないことや取引件数が伸びる時期を狙って
売却をすることで売却期間を短くできる可能性があります。
さいたま市周辺で不動産の売却についてお悩みの方はぜひ当社をご検討ください。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!

前へ 「境界線トラブルの切り札は筆界特定制度」

記事一覧

「マンションの総戸数は多いほうがいい?」 次へ