土地売却の流れや売却時に必要なお金をご紹介!




「土地売却はどのような流れで決まっているのか、
売却時に必要となるお金について知りたい。」
このように、土地を売却する時にどのようなお金が必要となるのかよく分かりませんよね。
この記事では、土地売却の流れと売却時に必要なお金について解説します。
土地売却でお悩みの方は、この記事を参考にしてください。



□土地売却の流れとは


売却する時は最初に不動産会社に査定を依頼しましょう。
査定の方法としては簡易調査と、現地調査の2種類の方法があります。
簡易調査とは、相場をもとにして行う簡易的な査定のことで、
あまり正確な価格を算出できないというデメリットがあります。
それに対して現地調査とは土地の形状や立地まで詳しく調査できるため
簡易調査よりも正確な査定を実施できます。



しかし、簡易調査よりも調査の終了までに
時間がかかることが特徴としてあげられます。
査定が終了し、媒介契約を結ぶと、売却活動がスタートします。
そして買主が見つかるとその人と交渉をします。
ここでは具体的な売却価格や支払い方法、引き渡し時期など、
売買契約に関したいろいろな条件について交渉、調整をします。



特に価格交渉には十分に注意しましょう。
もちろん、納得できない金額で売れない場合は
値引きに応じる必要はありませんが、
相手の値引きに応じないと売れ残ってしまう可能性があります。
どれくらいの価格で売りたいのか、
どれくらいの期間で売却を終了させたいのか、
土地の適正価格を見極めた上で、交渉を進めることをおすすめします。
その後、契約を結んで引き渡し、確定申告をすると土地の売却は終了です。



□土地売却手続きに必要な費用とは


1つ目は、仲介手数料です。
不動産会社と結んだ媒介契約を締結し、
無事に成約した場合に不動産会社に支払う手数料のことです。
仲介手数庁の上限額は決まっていますが
上限を上回らなければ不動産会社と合意した金額で決定できます。
従って、上限額よりも安く仲介手数料を支払うケースもあります。



2つ目は、土地の測量費用です。
この費用は支払わなくても良いケースがあります。
それは、境界標や測量図があるケースです。
それがない場合、土地の測定をしてもらうために支払う必要があります。



□まとめ


今回は、土地売却の流れと売却時に必要なお金について詳しく解説しました。
土地の売却にはいくつかのステップに分かれているため、計画的に売却を進めましょう。
また、測量図や境界標がない場合は土地を測量する費用を支払う必要があります。
さいたま市周辺で土地の売却にお悩みの方はぜひ当社をご検討ください。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!

前へ 「マンション売却の時期にお困りの方必見!売り時を様々な観点から解説!」

記事一覧

「境界線トラブルの切り札は筆界特定制度」 次へ