離婚で家を売却する予定の方必見!財産分与の考え方を解説!




「離婚で家を売却する予定だけど
財産分与はどのようにして行うべきなのだろう。」
家を分配する時は、家を売却して現金化してから分ける方法や
相手の持ち分を買い取ってそのまま住み続ける方法があります。
この記事では離婚時の財産分与の方法と
基本的な考え方や例外のケースについて解説します。



□離婚時の財産分与の方法とは


方法には特にルールはありませんが一般的にいくつかの方法を用いることが多いです。



1つ目の方法は、家を売却して現金化することです。
家はそのままでは分割できません。
そのため、家を売却して現金にかえた後に2人で分ける方法が一般的です。
夫婦のいずれも家を使用する可能性が低い場合は
この方法ですとトラブルは少ないでしょう。



その理由は、現金は公平に分配できるからです。
夫婦共に納得できる分配が可能となります。
それだけでなく、離婚後には新しい生活をはじめるためにも
ある程度まとまったお金が必要となります。
その資金を得られるという意味でもよく用いられる方法です。



2つ目は、相手の持分を買い取るという方法です。
離婚の時、家を処分できない場合や処分したくない場合があります。
そのような場合は、そのまま家に住み続ける配偶者が
相手に相当する金額を支払うという方法があります。



このときの注意点は資金力が必要なことです。
不動産の価値が高いケースですと相手に支払う金額が高額になります。
その場合、金額を用意できない恐れがあります。



以上が、離婚時の財産分与の方法についてでした。



□財産分与の基本的な考え方や例外のケースとは


一般的な考え方は、半分ずつに分配することです。
専業主婦や妻が夫より年収が低い場合でも
妻の財産分与が半分より減らされることはありません。



一方、この考えが当てはまらない例外としたケースもあります。
それは、財産形成が夫婦の一方の特別なスキルや能力
地位などによってなされている場合です。
このようなケースが当てはまる場合は
財産が圧倒的に多い方の財産分与割合が増やされる可能性があります。



このような例外に注意して、財産分与をスムーズに行いましょう。



□まとめ


今回は、離婚時の財産分与の方法と基本的な考え方や
例外のケースについて詳しく解説しました。
一般的には財産分与の割合は半分ずつですが
例外の場合もあることに注意してください。
この記事があなたのお悩みを解決できれば幸いです。
さいたま市周辺で不動産についてお悩みの方はぜひ当社にご相談ください。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!

前へ 「実家を売るために成功率を上げるポイントや準備のコツを解説!」

記事一覧

「リフォームするならいつ?目安の時期は…」 次へ