不動産売却のポイントは?高値で売却するコツを紹介!


不動産の売却は大きなお金のやり取りになるので、しっかりと知識を身に着けておく必要があります。
当記事では、不動産の売却を考えている方に向けて、売却の方法と少しでも不動産の価値を上げる方法を紹介していきます。

□不動産売却の方法とは?


不動産売却はどのように行うのか、その流れについて説明していきます。
不動産の売却方法は主に「仲介」と「買取」という2つの方法があります。

1つ目の「仲介」は、不動産会社に依頼して、物件の購入を希望してくれる人(買主)を探してもらう方法です。
2つ目の「買取」は、不動産会社が直接、不動産を売却する人(売主)から購入する方法です。
こちらの方法の場合、売却価格は「仲介」の市場価格の7割ほどになってしまいます。

高く売りたいのであれば、「仲介」を利用することがおすすめです。
買取は、不動産会社の法でリフォームをする場合が多く、そこでのコストがかかるため、市場価格の7割程度になってしまうのです。

「仲介」の仕組みを解説していきます。
まず、不動産について熟知していて、経験豊富な不動産会社に「不動産売却の売る活動をお願いする代わりに、不動産が売却されたら、仲介手数料を支払います。」という契約を結びます。
次に不動産会社が主に広告などを使って買主を探します。
物件が売却出来れば、不動産会社に仲介手数料を支払います。

□不動産を少しでも高く売る方法とは?


不動産を高く売却する方法の1つ目は、なるべく早くに売却することです。
新築のほうが市場価値が高く、家の価値は1年ごとに下落していくと言われています。
また、売却活動には期間がかかるため、事前準備などを考えても、すぐに売却活動を始めることが良いでしょう。

2つ目は、実績のある不動産会社に依頼することです。
物件そのものの価値と同じくらい、不動産の信頼や実績は大切です。
不動産会社によって、得意分野は異なるので、自分の不動産にあった会社を選んでください。
ホームページを検索してみましょう。

3つ目は、内覧時の印象に気を付けることです。
内覧の印象は物件の購入において、とても大切です。
他の条件はよくても、内覧の印象がわるいと、やめてしまう人も多くいるので意識してみてください。
良い印象を残すためには、清潔感を保つためにも掃除を徹底しましょう。
また、購入希望者への対応も丁寧なほうが良いです。

4つ目は、ハウスクリーニングを利用してメンテナンスを行うことです。
頑固な汚れには、ハウスクリーニングに依頼して綺麗にしてもらう必要があります。
できる範囲は自分で掃除するほうがコスト減になりますが、水回りなどの自分では手に負えない部分は業者に頼みましょう。
綺麗にするだけで印象も上がり、魅力が増します。

□まとめ


不動産を売る際には、きちんと自分で方法を把握していないと思わぬトラブルにつながってしまうこともあるので注意が必要です。
また、すこしでも高く売れるポイントを試して、後悔のない売却にしてください。
さいたま市周辺にお住いの方で、不動産売却をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

前へ 「中古マンションの間取りの種類とメリットデメリット」

記事一覧

「世界一安い新築住宅!?」 次へ