世界一安い新築住宅!?




住宅購入は大きな買い物であり、
暮らしを豊かにするものでもあるため、
多くの人の夢でもあると思います(`・ω・´)



しかし、35年という長い時間をかけて
返済していかなければならないのが大きな課題でした。



ところが2022年3月、日本で初めて
3Dプリンターによる住宅が完成しました。
設計時間はなんと24時間!!!!!
しかもこの施工時間の3分の2は外壁の塗装と
足場を組むのに要した時間だそうで、
初めから塗装を済ませた状態でプリンターから出力すれば
足場を組む時間も不要になり、
さらに施工時間も短縮される見込みです。



今回制作されたのは10平米の小型住宅で、
グランピング施設などでの試験的な利用となるようですが
将来的には100㎡で300万円の一般向け住宅
建てられるかもしれないそうです。


耐震性や強度の面での課題はまだまだありそうですが、
近い将来これが本当に実現すれば
車を買い替えるように家もライフスタイルに合わせて
買い換えることができるようになりそうですね♪



今までは難しかった曲線やアシンメトリーな
デザイン性の高い住宅の設計も可能になるとすれば
個性豊かな唯一無二の住宅が建てられるという
新たな楽しみも増えそうです!!



建築費もさることながら、
昨今ではウッドショックが問題になっています。


ウッドショックとは、住宅の梁や柱・土台などに使われる
木材の需給がひっ迫して木材不足により価格の高騰で
混乱が生じている状況のことです。



このウッドショックに伴い、木材を使わない建築方法や
建築費用を抑えた建築方法に注目する人が増えたことで
頑丈なトレーラーハウスや、発泡スチロールで出来た
ドームハウスが話題となっています。



トレーラーハウスは数年前からじわじわと人気が高まっており、
建築費が安く、頑丈なことから大変注目されています。


ドームハウスは、2016年に起きた熊本地震の際、
あれだけの巨大地震を受けても
無傷だったことから一躍注目の的に!!


断熱性に長け、軽くて倒壊した際の安全性から
少しずつ数を増やし、今では全国に1000棟以上あるドームハウス。



時代の変化とともに変わりつつある生活スタイルや気候。
建築業界の常識も同じように変わりつつあります。
開発研究者の熱意とともに着実に進化を遂げています★.。



木造の戸建が並んでいた日本の街並みがいつの日か
トレーラーハウスやドームハウス、
3Dプリンター住宅で埋め尽くされるかもしれません。







↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!

前へ 「不動産売却のポイントは?高値で売却するコツを紹介!」

記事一覧

「空間を快適に保つエコカラット」 次へ