マンションの管理組合って何をしているの?




分譲マンションを購入するとマイホームが手に入ります。
何を当たり前なことを言っているの?ですよね(笑)



ここまではいいんです。



ただ、マンションというのは私有財産の集合体であり、
他の住民との共同生活をしていかなければなりません。
共同生活ですので、さまざまな決まりごとを作り、
マンションを管理していかなければなりません。


そこで区分所有者全員で「管理組合」を構成し、
マンション管理をしていきます。



本記事では、管理組合の概要や役員の業務内容、
脱退などについて解説しますので
ぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)



管理組合はマンションの維持・管理をする組織

管理組合はマンションを維持・管理する目的の組織です。
例えば、共有部分の廊下やエレベーターで不具合が生じたときの修理や
ゴミ出しマナーなどが守られていない時には管理組合が対応します。



管理組合は区分所有法により、
「区分所有者全員で構成されること」明記されています。
つまり、分譲マンションを購入し、区分所有者になれば
管理組合に加入することが義務づけられています。
また、賃貸契約の賃借人や区分所有者の家族・同居人は
管理組合に加入する権利がありません。



◎管理組合への関わり方は2種類

管理組合への関わり方は以下の2種類です。

・理事会の役員として関わる場合
・一区分所有者として関わる場合



理事会には「理事長」「理事」「監事」などの役職があり、
まとめて役員と呼ばれます。
理事会の役員として関わる場合、マンションの維持や
管理についての方針を話し合いで決めていきます。
役員はマンションの資産価値の向上に努めなければなりません。



一区分所有者として関わる場合、日常的な業務は特にありません。
理事会の意思決定に賛否を表して方針決定に協力します。
理事会の役員は1~2年が任期の輪番制で区分所有者が
順番に担当するのが一般的です。
法的な強制力はないので拒否することは可能ですが
区分所有者の一員としてできる限り
マンション運営に参加していきましょう。


管理組合の役員になったらするべきこと

管理組合の役員になったらどのような仕事をするのか
見ていきましょう♪



◎役員の義務内容
役員に選出されると「委任事務を処理する義務」や
「善良な管理者の注意義務」を負います。
住民が快適な共同生活を送るために業務を遂行しなければなりません。



◎役員の業務内容
役員の主な業務内容は以下の通りです。



・マンションの敷地や共用部分の清掃、管理
・長期修繕計画の作成、変更
・修繕積立金、管理費の運用
・マンションのマナーやルールの周知
・広報および連絡業務
・総会の運営



専門性が高く、負担が大きい業務は管理組合の役員が
管理会社へ委託するのが一般的です。



◎意思決定は「総会」で行われる


管理組合の業務や規約は意思決定の場である「総会」で行われます。
総会では、管理組合で集めた修繕積立金の使い方、
管理組合規則の改定、役員の専任、解任などについて話し合います。



総会は区分所有法で年1回以上の開催が義務付けられており、
区分所有者は原則として全員参加しなければなりません。
ただし、個々に都合というものがありますので、
どうしても出席できない場合は代わりに家族に出席してもらったり、
単身者などで代わりの者が手配できない場合には
委任状を提出することで出席しないことが認められています。



管理組合と管理会社の関係は?

「マンションの管理は管理会社がやってくれないの?」
思われている方も居るかもしれません。
マンションの維持・管理は区分所有者で協力して行っていくものです。
しかし、区分所有者もそれぞれの生活や仕事があったり、
エレベーターの点検など専門性の高い業務ができない場合もあるでしょう。



そこで管理組合は管理会社と委託契約を交わして
マンションの管理業務を行います。
管理会社へ委託するための費用には住民から集めた費用が充てられ
管理費は管理組合が総会を通して扱います。



管理組合の自由な脱退はできない


先に触れた通り、管理組合への加入は法的に義務付けられており、
自由な脱退も認められていません。
管理組合を脱退するには分譲マンションを手放し、
区分所有者でなくなる必要があります。
区分所有者であり続けている限り、管理組合に参加し、
住民が心地よく過ごせるようなマンション運営に協力しなければなりません。



◎管理組合のないマンションの場合は?
マンションを一人のオーナー、あるいは
会社が所有している場合は管理組合が存在しません。
このようなマンションの場合、オーナーや会社が
独自に意思決定をしてマンション運営をします。



また、管理組合が存在していても
まともに機能していないマンションもあります。
管理組合が機能していないとマンションの老朽化が急速に進んだり、
マナーを知らない住民が放置されたりなどといった
問題が起きてしまうことがあります。



このようなマンションは住環境が悪く、資産価値も目減りしてしまいます。
分譲マンションを購入する際は管理組合が
しっかりと運営されているかもチェックしましょう♪



まとめ

分譲マンションは区分所有者の共有財産であり、
管理組合はマンションの維持・管理を行うのに欠かせない組織です。
「自分たちのマンションをより良いものにしていこう」
という気持ちで管理組合に積極的に関わっていきましょう!!





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!


前へ 「一戸建てとマンションのメンテナンス箇所の違い!相場は?」

記事一覧

「住宅の周辺環境のポイントは自分で確認しよう!!」 次へ