よくある謳い文句にご注意!!




「今の家賃と同じ金額でマイホームが買えます!!」
不動産会社の常套文句ですね!!
これについて今回は少しお話ししたいと思います。


住宅の購入を検討したことのある方、
住宅ローンの事前審査を通したことのある方なら
なんとなくそのカラクリをご存知かもしれませんね(;´・ω・)



仮に今、賃貸に住んでいて、家賃を15万円払っているとします。
家を買うことにして、13万円を住宅ローンの支払いにあてます。
月あたり2万円浮くような気がしますがこの2万×12ヶ月の24万円は
固定資産税等の支払いにとっておきましょう。



月々13万円の支払いなら、どのくらいのローンが組めるでしょうか?
金利2.5%、35年固定なら3600万円くらいのローンが組めます。
頭金1000万円用意したとして、総額4600万円。
中古の戸建物件としましょう。
購入時の諸費用が物件価格の8%掛かるとして
それを込みでこの値段なので物件価格は
4600/1.08で、約4300万円ということになります。
これが物件の価格です。



今なら年収に対する住宅ローンの返済比率が20%だとして
13万×12ヶ月/0.2で、780万円の年収があれば
このローンを組める計算になります♪



マンションなら管理費、修繕積立金、駐車場代が別途かかるので
その点だけご留意を!!



よく不動産会社のチラシやホームページなどに
「今の家賃のままの支払いで家が買えます!!」
というような言葉を見掛けると思いますが、
先ほどの例は35年固定していますが
こうしたチラシやホームページの場合の計算は
優遇金利等を使いまくって当初何年間かしか適用されない、
最も安い支払い金額で算出してあります。
それに、固定資産税や都市計画税等の不動産を保有することで
毎年かかる税金や、マンションの場合の管理費等も
除外されているので注意が必要です。



「お!今と同じ家賃で家が買えるのか!?」なんて
気軽な気持ちで飛びつくと年間の支払いで見た時に
今以上に払ってない?と焦りますし、
何年後かに金利が上昇して毎月の支払い額自体が
今の家賃をオーバーしてしまう可能性もあります。



物件を購入する時は月々の支払額だけでなく、
諸費用などについてもきちんと不動産会社の担当者に確認して
無理のない住宅購入ができるようにしましょう★.。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!



もっとたくさんの物件情報をご覧になりたい方は
こちらも是非ご覧ください!!

前へ 「マンション売却はどのようにする?流れと注意点を紹介!」

記事一覧

「新築マンション購入における注意点!!」 次へ