住宅売却をお考えの方必見!住宅売却時に必要な確定申告について解説します!

「住宅売却時に必要な確定申告では、何が必要かわからない」
このようなお悩みをお持ちの方は必見です。
この記事では、住宅売却時に必要な確定申告について詳しく解説します。
ぜひ参考にして下さい。

□住宅の売却の時に確定申告は必要なのかについて解説します!


住宅の売却の時に確定申告は必要なのかについて詳しく説明します。

結論から申し上げますと、住居を売却し現金を入手した際に譲渡取得として次の年に確定申告が必要です。
確定申告は、2月中旬から3月中旬の間に行わなければいけません。
損失をした場合でも売却をした時は確定申告をしなければいけません。

専門的な知識が必要であったり、確定申告をする際の書類も多かったりするため、時間に余裕を持った準備が必要です。
忘れていた場合は、追徴課税の対象となり、さらに損失が出た場合でも税金が還付されるなどのペナルティが課せられる可能性もあります。
このような対象にならないためにも確定申告は必要です。

□住宅売却の確定申告に必要な書類をご紹介します!


住宅売却の確定申告に必要な書類について詳しく説明します。

住宅売却の確定申告に必要な書類について2つ説明します。

まず、用紙は税務署がインターネットで入手することをおすすめします。
年明けに税務署では用意してあり、また国税庁のサイトでも書類をコピーできます。
そして、e-Taxという便利なサービスが確定申告をするときに便利です。
e-Taxを利用すると税金の還付が速くなるメリットがあるなど24時間受け付けてくれるので、この便利なサービスを利用することで安心スムーズに手続きを進めていくことができます。

1つ目の必要書類は、個人事業主用の確定申告書b様式です。
このb様式を使うことが通常です。
この様式は、広い対象をカバーできるため書きやすく使いやすいです。

2つ目の必要書類は、分離課税用の申告書と譲渡所得の内訳書です。
分離課税用の申告書の書類が必要であり、これは給与や事業収入などと売却益を別のものと考えて計算する方式です。
譲渡所得の内訳書は、土地や住居変更によって変わりますが国税庁のホームページの記入例に基づいて書きます。
税務署から書類が送られてくるのでそれを記入しましょう。

上記の2つが特に大事な内容です。
確定申告で上記の書類を揃えることはとても重要です。

□まとめ


住宅売却時に必要な確定申告について詳しく解説しました。
住宅売却時に必要な確定申告の重要なポイントに関してご理解をいただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
住宅売却を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

前へ 「不動産業界のイメージが悪いのは何故?」

記事一覧

「良い物件はスピード命!!」 次へ