不動産売却をお考えの方必見!不動産売却で注意すべき点について解説します!

「不動産売却で注意すべき点って何があるのだろう」
このようにお悩みの方は必見です。
この記事では、不動産売却で注意すべき点について詳しく解説します。

□不動産売却前に注意すべき点を解説します!


不動産売却の前に注意するべき4つの大事なポイントについて解説します。

1つ目は、 不動産を売却する目的・期限を明確にしておくことです。
住み替えの場合は、住み替え先の契約によって期限は変わりますが、住宅ローン残債の有無や購入資金と売却希望価格の下限が、いくらなのかを確認しましょう。
転勤など引っ越しの期限は、転勤日をもとに計画します。

そして、転勤の期間と住宅ローン残債の有無を確認しておく必要があります。
相続した不動産の売却の場合の期限は、相続から3年10ヶ月以内で、相続登記は完了しているのか、相続者全員の承諾はあるかを確認する必要があります。
上記のような情報を詳しく調べ、確認しておきましょう。

2つ目は、不動産を売却する方法を検討しておくことです。
売却の方法は、主に3つの方法があります。
仲介、即時買取、買取保証の3つです。
後悔のない売却方法を検討し、選択することがとても大切です。


3つ目は、売却したい不動産の相場を把握しておくことです。
売却する不動産の市場相場を理解しておくことはとても重要です。
国土交通省のWEBサイトや不動産が運営するサイトなどを見てしっかりと検討し、比較することが大切です。

4つ目は、不動産の売却にかかる費用を理解しておくことです。
仲介手数料、税金、その他の費用など負担する必要のある費用が発生します。
例えば、仲介手数料の取引額が400万円を超える場合、取引額の3パーセントに6万円を足した額、税金は印紙税と登録免許税と譲渡取得税の3つ、抵当権抹消費用と繰り上げ返済手数料の住宅ローンが必要になります。

□不動産売却の流れと期間について


不動産の売却の流れとして、まず、相場調査として価格を個人で調べます。
そして、不動産屋に査定依頼をし、会社を選びます。
最後に契約方法を選び契約します。

売り出した後は、内覧の準備をして買主に見せ、売買契約を結び、売却した次の年に確定申告をします。
この流れで売れるまでの期間は3ヶ月から6ヶ月といわれています。
売却までの期間が予測しづらいため、余裕を持った準備期間が必要です。

□まとめ


不動産売却で注意すべき点について詳しく解説しました。
不動産売却で注意すべきポイントに関してご理解をいただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
不動産売却を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

前へ 「不動産屋とは仲良くした方が絶対に得♪」

記事一覧

「マンション売却をお考えの方必見!リフォームのメリットとデメリットをご紹介!」 次へ