家の売却をお考えの方必見!家の売却で知っておきたい注意点について解説します!

「家の売却で知っておきたいポイントが何かわからない」
このようにお悩みの方は必見です。
この記事では、家の売却で知っておきたい注意点について詳しく解説します。

□家の売却でやってはいけないことについて解説します!


家の売却でやってはいけない3つのことについて解説します。

1つ目は、内覧のときに掃除をしないことです。
購入検討者は、実際に住むイメージや住み心地などを想像して買うかを決めるため、事前の掃除は必要不可欠です。
例えば、内覧に訪れた家が薄汚れほこりだらけだったり、水回りにカビが生えていたりしたら、購入しようと思っていたものも購入するか迷ってしまいます。
少しでも心地が良いと思ってもらえることが内覧の中で増えるためにも、掃除はしなければなりません。

2つ目は、相場とかけ離れた売り出し価格にすることです。
売却で最も重要なことは売れることです。
どんなに良い不動産でも高すぎると躊躇ってしまいます。
相場を見て適正な価格を出し、相場に近い売れる価格に設定することが大切です。

3つ目は、売却前に家をリフォームすることです。
リフォームをすることで部屋はきれいになりますが、そのリフォーム代などを考えると売却時にリフォーム代まで回収することは難しいです。

きれいにすることで売れやすくなることなどを考えていたとしても同じです。
最終的に売れやすい値段に設定しなければなりません。
もしどうしてもしたいと考えている場合は、リフォームを進める前に不動産会社の信頼の置ける担当者に相談することが大切です。

□家を売る時の注意点をご紹介!


家を売る前の注意点は、不動産会社との媒介契約の内容を検討することです。
不動産会社と結ぶ媒介契約には3つの種類の中でどの契約をするかが重要です。
「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があります。
どの契約が最も適切かを見極めるために検討することが大切です。

当社では土地の仕入れから家屋の解体、更地造成、建築、販売までワンオペレーションで依頼していただけます。
不動産の売却だけではなく、新築戸建てやマンション、土地の購入までサポートしておりますので、ぜひご相談ください。

□まとめ


家の売却で知っておきたい注意点について詳しく解説しました。
家の売却で知っておきたい注意点に関してご理解をいただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
不動産売却を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

前へ 「お問い合わせの際の注意事項!!」

記事一覧

「不動産屋とは仲良くした方が絶対に得♪」 次へ