土地を売却する際に必要なことは?確定申告と必要書類について解説します!

「土地を売却する際の確定申告と必要書類には何があるのかわからない」
このようにお悩みをお持ちの方は必見です。
この記事では、土地を売却する際の確定申告と必要書類について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

□不動産売却時の確定申告について解説します!


不動産売却時の確定申告について詳しく解説します。

まず、不動産売却した場合は利益が出ても出てなくても確定申告が必要です。
売却で利益が出ているかどうかもわからない場合には、それをはっきりさせる役割もあるのでしっかり確定申告をすることが大切です。

この確定申告を忘れるとペナルティがあります。
追徴課税の対象となり、さらに損失が出た場合でも税金が還付される可能性もあります。
このような対象にならないためにも確定申告は必要です。

そして、確定申告は所得にかかる税金の額を計算して税金を払うための手続きのことです。
会社員であれば源泉徴収税として普段納めているもので、この源泉徴収にはどちらにせよ反映されることはありません。
そのため、どちらにせよ確定申告は必要です。

□確定申告時の必要書類をご紹介!


確定申告時の必要書類について詳しく説明します。
確定申告の時に必要な書類は大きく6つあります。
1つ目は、確定申告書B様式です。
個人事業主や土地、建物を売った人が使用する書類で税務署でもらえます。

2つ目は、分離課税用の申告書です。
給与などと別に課税される場合に必要な申告書類です。
税務署で入手できます。

3つ目は、譲渡所得の内訳書です。
売却した不動産の詳細な情報を記入する書類で、税務署で受け取れます。

4つ目は、購入時と売却時の不動産売買契約書です。
これは、購入時の不動産売買契約書のコピーと売却時の不動産売買契約書のコピーが必要です。
購入と売却の金額証明の役割です。

5つ目は、登記事項証明書です。
売却した不動産の登記事項証明書です。
所在する管轄法務局で取得できます。

6つ目は、領収書です。
仲介手数料、固定資産税の精算書、登記費用、その他の費用などの領収書です。
これらは、取得と譲渡の費用の証明として使われます。

このように多くの資料を集める必要があるため、事前の準備がとても重要です。

□まとめ


土地を売却する際の確定申告と必要書類について詳しく解説しました。
土地を売却する際の確定申告と必要書類に関しての大きな2つのポイントをご理解をいただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
土地の売却を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

前へ 「不動産を購入・売却する時の税金について」

記事一覧

「不動産相続でお悩みの方へ!必要な手続きと流れについて解説します!」 次へ