妻VS夫 意見の食い違い



こんにちは!


昨日の成人の日
娘さんや息子さんが成人を迎え、
成人式にご出席されたというご家族様も
いらっしゃるのかなと思います。

ご成人、おめでとうございます❀


自由も増えますが、
責任も伴ってくるのが大人です♪
…なんて偉そうに語っていますが、
私自身、子供を社会に出しても恥ずかしくないよう
立派に育てられるのか不安でしかないです(笑)


子育てって正解がないので難しいものです。
マニュアルがあったらな~と何度思ったことか。


どうも、株式会社YDKの宇月です





本日は、タイトルにもありますように、
夫婦間で実際に"こんなことで揉めた"
"意見が食い違った"というお話をしたいと思います!


うちは普段からたくさん話し合っているし、
お互いの好みも把握しているから大丈夫!なんて
安心しきっていませんか?


家具や家電などの小さいものの購入と違い、
案外住宅となると価格が大きいだけに
結構揉めるものです(*_*)


【家は3回建てないと満足しない】と言われるほど
後悔される方は多いのです。
注文住宅であっても100%要望を伝えるのは難しく、
ある程度プランが決まってしまっている建売住宅にもなれば余計にです。


①設備
・トイレは1つにするか2つにするか
・食洗機は必要か
・収納はあればあるほどいい vs 数より場所が大切
・床暖房が欲しい妻 vs 暑がりで要らないという夫
・書斎が欲しいと言われたが、要る…?

②デザイン
・暗い色で統一 vs 明るい色で統一
・アクセントクロスや扉の色など諸々…

③広さ
・リビング広めを希望の夫 vs 冷暖房の効きをきにする妻
・小さい子供がいるので、お風呂の広さをどうするか…
・ランドリールームの広さをどれくらい取りたいか

④お金
・価格の面で食い違うことが多々ありました
・揉めた理由は結局お金。予算に余裕があれば揉めなかった!



どれも大切な家を構成する重要なポイントなので
頷ける(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)うんうん



では、こういった食い違いを
どうやって乗り越えたらいいのか。



まずは夫婦でとことん話し合ってみましょう。
なぜそうしたいのか理由を明確に説明し、
そうすることでもたらすメリットなどを相手に伝えましょう!
はっきりと答えが出なかったり、
相手が納得していないような反応を示したのであれば
「キッチンは私がよく使うからこの希望は通してほしいけど
書斎やベランダはあなたの希望を通してもいいよ」などと
交換条件もありですよね♪


それでも解決しない場合は思い切って
第三者に相談するのも手です!!


理想を形にしてみたはいいものの
実際に住んでみたらこれは要らなかった!とか
既に家を建てた方に色々聞いてみるのもいいかもしれません。


何より頼りになるのはやはりプロの意見!!
目からウロコな提案があるかもしれません。


建売住宅でも未完成物件であれば
お客様側で選べるオプションもいくつかあります。


注文住宅であればお客様自身で選ぶものが無限にあります。
困ったとき、迷ったときは、夫婦・家族間だけで解決しようとせず
プロの方にご相談ください!!


色や柄だけでなく、汚れが付きづらい壁紙や
お部屋の空間除菌・湿気を調整してくれる壁材なども
今はたくさんある時代ですので、
機能性を重視した壁材選びもオススメです★.。





↓お問い合わせはこちらから↓
■TEL:048-764-8584(担当:三角)



弊社のInstagramも気まぐれで更新しております♪
株式会社YDK◆で検索してみてください
是非、フォロー&DMお待ちしております!!


前へ 「さいたま市南区はこんな街♪」

記事一覧

「広がりと明るさにこだわった世界に1邸だけの住宅★.。」 次へ